◆YBCルヴァン・カップ1次リーグC組第1節 鳥栖0-3札幌(16日、駅前不動産スタジアム)

 若い鳥栖が未熟さを露呈した。シュート数は13対9。獲得したCKの本数も12対2と終始押し込みながら、セットプレーや自陣でのミスなど隙を突かれて3点も失った。「経験値の差や、選手の質(の差)と言えばそれまで。準備不足だった」と金明輝監督は顔をしかめた。

 クエンカや小野ら実績のある選手が抜け、今季は若手主体の育成型チームに転換。昨年11月のホームリーグ最終戦で札幌と対戦した時は先発11人の平均年齢が27・55歳で相手を上回っていたが、今回は23・82歳で相手より約2歳若...    
<記事全文を読む>