Jリーグ・YBCルヴァン・カップは16日に開幕し、大阪市のヤンマースタジアム長居などで1次リーグ第1節8試合を行った。B組の松本山雅はC大阪に1―4で逆転負けし、今季初戦を白星で飾れなかった。
 松本山雅は4―4―2の布陣で臨み、新戦力の鈴木が中盤の右で先発。ルヴァン杯で義務付けられている21歳以下の先発は19歳の榎本が入り、阪野と2トップを組んだ。C大阪は柿谷や奧埜ら主力をそろえた。
 松本山雅は前半5分、田中隼の右クロスを阪野が頭で落とし、そのボールを鈴木が右足で蹴り込んで先制した。直後の8分に同点に追い付かれてからはC大阪の攻勢に耐えていたが、後半26分に勝ち...    
<記事全文を読む>