JリーグのYBCルヴァンカップは16日に開幕し、グループステージ第1節の8試合を行う。A組の清水は敵地で川崎と対戦する。
 清水は23日のリーグ開幕戦を見据え、現時点のベストメンバーで臨むことが濃厚。今季初の公式戦に向けてクラモフスキー監督は「自分たちの持っているものを全て出していく」と強調する。金子は「走力や球際の攻防などでハードワークを貫き、勝ち点3を狙う」と気合十分。大会は21歳以下の選手を1人以上先発させる規定があり、J2岡山への期限付き移籍から復帰した3年目の西村がボランチに入ることが有力だ。
 グループステージはJ1の15チームとJ2の松本の計16チーム...    
<記事全文を読む>