JR西日本などは15日、J1サンフレッチェ広島を応援するラッピング車両のお披露目式を広島市南区の広島駅で開いた。4年目の今年は、西日本豪雨による被災から完全復旧した芸備線を初めて運行。19日から来年1月まで、広島県外の他路線も含めて走らせる。

 車両はクラブカラーの紫が基調で、今季のスローガン「積攻」の文字やマスコット「サンチェ」をあしらった。非電化区間の芸備線を走れる気動車「キハ40系」を装飾。2両のラッピング車両を用意した。

 2018年7月の豪雨で一部区間が不通となった芸備線は昨年10月、約1年3カ月ぶりに全線で運転再開した。チームは安芸高田市の吉田サッカ...    
<記事全文を読む>