JリーグのYBCルヴァン・カップは16日に開幕し、J1サガン鳥栖は午後2時から鳥栖市の駅前不動産スタジアムで札幌と対戦する。21日から始まるリーグ戦に先んじて行われる公式戦で、チームにとっては実質的な今季の船出。新主将のDF小林祐三は「自分が試合に出ようが出まいが、自分の中で納得感が得られるシーズンにしたい」と決意を語る。

 「キャリアの集大成にする」と覚悟を持って臨む今季、サッカー人生で初めて主将を務める。任命した金明輝(キン・ミョンヒ)監督は「チームのために行動できるし、プレーでも引っ張れる」と厚い信頼を寄せる。

 “開幕ゲーム”の相...    
<記事全文を読む>