28年目を迎えるサッカーJリーグ1部(J1)に、「カズ」こと三浦知良(横浜FC)が帰ってくる。国内最高峰の舞台でのプレーは13年ぶり。プロとして昭和、平成、令和と時代を駆け、26日に53歳となる元日本代表の前例なき挑戦は、注目を集める。開幕戦は23日、古巣のヴィッセル神戸と神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で対戦する。けがで調整は遅れているが、4年半暮らした「大好きな街」から新たな歴史の一歩を踏み出そうと燃えている。(小川康介)

 カズは今も年3回は神戸を訪れ、なじみのカフェで友人らと語り合う。「どこと開幕戦をやりたいかって聞かれたら、ヴィッセルって言うだろうな」。離れて...    
<記事全文を読む>