J1仙台は宮崎市での3次キャンプ第4日の13日、県総合運動公園陸上競技場で午前と午後に計約2時間の練習を行った。午後の紅白戦では「4-4-2」の布陣を採用。今季初戦となる16日のYBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)で顔を合わせる浦和の戦術を想定しながら、攻守の狙いを共有した。14日は非公開で調整する。
 1次キャンプではワントップにトップ下を置く「4-5-1」を貫いたが、2次キャンプ途中から2トップの「4-4-2」も試行している。FW陣に負傷者が出ているため、布陣の選択肢を増やして序盤戦を乗り切る構えだ。
 13日の紅白戦はFW赤崎が休養のためジャーメインと佐々木が...    
<記事全文を読む>