新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、岡山県内のトップスポーツチームにも影響が出始めた。サッカーJ2のファジアーノ岡山は12日、練習場でのファンとの交流を中止した。卓球Tリーグ男子の岡山リベッツなどは、県内外から多数のファンを集めるホームゲームを控え、観客や選手を感染からどう守るか苦慮している。

 8、9日にジップアリーナ岡山(岡山市北区いずみ町)であったバレーボールV1男子公式戦。新型ウイルスの流行が問題化した後では県内初の大規模大会で延べ約8千人が観戦し、その多くがマスク姿だった。声援を送った岡山大1年の学生(19)は「選手にうつしてしまうなどの不安は拭...    
<記事全文を読む>