「成長できる場所を求めていた」。J2新潟から期限付き移籍で加入したDF柳育崇(やなぎやすたか)(25)は言葉に力を込める。千葉県出身で188センチ、86キロの堂々たる体格。一昨年まで在籍した服部康平(はっとりこうへい)(現J2松本)をほうふつとさせるファイタータイプのセンターバックだ。

 ヘディングの高さと対人守備に自信を持ち、スタミナも十分。専大4年時にはチーム事情によりFWへコンバートされたが、前線の起点として役割を果たし、チームを全日本大学選手権へ導いた。新潟時代はボランチもこなすなど、幅広い戦術に適応できる器用さも併せ持つ。

...    
<記事全文を読む>