東京五輪の影響で、今季はリーグ戦の約6割に当たる21試合を7月5日までに消化する。YBCルヴァン・カップ1次リーグの6試合も並行して戦うため、5月までに中2日が4試合、中3日が8試合もある。過密日程を乗り切るにはコンディション調整が重要になるとともに、選手層の厚さも問われる。

...    
<記事全文を読む>