サッカーJ2松本山雅は12日、静岡市で4日間の3次キャンプをスタートさせた。今季初戦となるルヴァン・カップ1次リーグ第1節のC大阪戦を16日に控えているため、選手の状態を上げながらチームの完成度を高める最終調整に入る。

 新型コロナウイルスやインフルエンザへの感染を予防する目的で一般には非公開とし、13日までの2日間は報道陣のみに公開する。2日間の休養を終えたチームは、この日の午前中に松本市をバスで出発。午後3時から約1時間半、ペース走やパス回しなど軽めの内容で体を動かした。13日は午前と午後の2部練習に取り組む。

 主にJ1クラブが競うルヴ...    
<記事全文を読む>