サッカー明治安田J2の開幕(23日)を控えたザスパクサツ群馬は12日、前橋市内でキックオフパーティーを行った。トップチームと下部組織ザスパ草津チャレンジャーズの選手・スタッフが参加し、スポンサーなど280人の関係者に今季の健闘を誓った。

 冒頭、ザスパの奈良知彦社長は「ザスパは原点を胸に刻みながら、J2という新たなステージに立つ。これまで以上の応援を」と協力を要請した。

 選手はキャッチコピーのアナウンスとともに1人ずつ入場。奥野僚右監督は「『やっぱり群馬にはザスパが必要』と言ってもらえるよう、一丸で取り組みたい」とあいさつ。選手会長のFW青...    
<記事全文を読む>