サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグG組のJ1神戸は12日、ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)との第1節を迎える。神戸のフィンク監督は公式会見で「簡単な相手はいない。しっかりファイトをしないと勝てない」とし、油断は皆無だ。

 神戸のキーマンは、日本代表としてアジア勢と対峙(たいじ)してきたMF山口、DF酒井の同級生コンビ。J1とは戦術も試合環境も違うACLを勝ち抜くには、経験豊富でタフな2人の働きが欠かせない。

...    
<記事全文を読む>