サッカーJ2松本山雅は8日、今季の主将にDF田中隼磨(37)の就任が決まったと発表した。松本山雅は2012年のJリーグ参入以降、昨季まで指揮を執っていた反町康治氏の意向で決まった主将を置いてこなかった。今季は松本市出身でチーム最年長の田中隼が主将としてチームを引っ張っていくことになる。
 副主将にはGK村山智彦(32)、MFセルジーニョ(29)、MF塚川孝輝(25)の3人が就く。田中隼は「新しいメンバー、新しいスタッフ、そしてクラブを支えていただく皆さんと共に目標を達成できるよう、全力を尽くします」とコメントした。4人を指名した布監督は同日の取材に「彼(田中隼)を中心に一つに...    
<記事全文を読む>