横須賀市出身の元Jリーガーで日本代表にも選ばれた谷口博之さん(34)=葉山町在住=が4月、同市内で小学5、6年生を対象にしたサッカースクールを開校する。昨年12月に現役を退いた谷口さんは「サッカーを通じて、自分自身の何かを見つけてほしい。それを手助けするスクールにしたい」と、地元から「第二の谷口」を育てようと熱い思いで準備を進めている。

 谷口さんは小学1年から横須賀鴨居SCでサッカーを始め、2004年に川崎フロンターレに入団。主にミッドフィルダーとして抜群の身体能力と高い得点力を武器に活躍した。しかし膝のけがなどから昨年、サガン鳥栖でのプレーを最後にプロ生活に別...    
<記事全文を読む>