J1仙台は宮崎県延岡市での2次キャンプ第10日の7日、西階運動公園球技場で午前と午後に計約2時間半の練習を行った。同日にC大阪から期限付き移籍で獲得を発表したFW山田寛人(19)=184センチ、72キロ=が午後の練習から合流。ミニゲームとフルコートでの実戦練習で最前線の位置に入った。
 山田は合流初日とあって周囲との連係が合わず、ボールに絡む回数は少なかったが、ミニゲームでワンタッチのシュートを決めるなど決定力を披露。「C大阪でキャンプを積んできたのでコンディションは問題ない」と話した。
 山田は愛知県出身。C大阪の下部組織で育ち、2018年にトップチー...    
<記事全文を読む>