所得税の確定申告期間(17日~3月16日)を前に、サッカーJ1・大分トリニータの選手が7日、スマートフォンを使った申告書類作りを模擬体験した。大分税務署がPRのため企画した。
 大分市松岡のクラブハウスで、吉田舜(23)、羽田健人(22)、高橋祐翔(18)の3選手が説明を受けながらスマホを操作。国税庁ホームページの専用コーナーで、架空人物の収入や寄付額など必要事項を20分ほどで入力した。体験した吉田選手は「スマホならいつでもできて便利」と話した。
 県内の9税務署は申告書の作成や提出ができる会場を17日から設置する。

...    
<記事全文を読む>