J2徳島ヴォルティスは7日、鳴門市の大麻比古神社で7年ぶりのJ1復帰に向けて必勝を祈願した。

 岸田一宏社長をはじめ、選手35人とスタッフ計約80人が参拝。選手らがサインした大型の絵馬を本殿に掲げて神事に臨み、岸田社長とロドリゲス監督、選手代表の岩尾憲が玉串をささげた。

 チームは昨季、過去最高成績の21勝10分け11敗(勝ち点73)で4位となりJ1参入プレーオフに進出。J1湘南との決定戦まで進んだものの、あと一歩及ばず、勝ち抜く厳しさを味わった。

 岩尾は自動昇格が可能となるJ2優勝を目標に掲げ、「最後はみんなで笑って終えられるよう願った。一日一日...    
<記事全文を読む>