サッカーJ2松本山雅FCは、花王(東京)のビオレ事業部と「UV(紫外線)事業パートナー業務提携」を結んだ。締結は1日付。松本地域は標高が高く日照時間が長いため、紫外線が強いとされており、連携して対策を進める。
 山雅と同事業部は「健康寿命延伸都市」を掲げる松本市と2018年から協力。ホーム試合でスポーツ観戦時の紫外線予防を呼び掛け、日焼け止めのサンプルを配布するなどしてきた。今後は紫外線対策を呼び掛けるため、試合会場にブースを出展したり、山雅のユースアカデミー(育成組織)の選手に紫外線予防を指導したりする。
 期間は来年1月まで。山雅の担当者は「安心して日中の試合を...    
<記事全文を読む>