J2磐田は5日、ヤマハ大久保グラウンドで主力組がJ3長野と、控え組はJ3相模原と練習試合を行った。J1FC東京から加入したMF大森が長野戦で移籍後初の実戦に臨み、チーム2点目をアシストした。
 左サイドで先発した大森は、時間の経過とともに存在感を示した。後半42分、センターバックに入った伊藤のパスに左サイドを抜け出し、左足のクロスでルキアンのゴールを演出した。「それまでに2度、ルキアンが(ゴールから遠くに)流れていたので、遠いサイドに蹴った」と大森。「得点に絡んだ選手だけでなく、全員の動きが良かったから生まれたゴール」と付け加えた。
 春季キャンプ中の負傷で実戦デビ...    
<記事全文を読む>