サッカーJ2のギラヴァンツ北九州は沖縄キャンプ期間中の5日、沖縄県中城村の陸上競技場で、J1川崎フロンターレとのトレーニングマッチを行った。前後半なしの45分間の試合を3本行い、合計1-5で敗れた。前線からの素早い守備の徹底をテーマに臨んだが、国内トップクラブの「強敵」に洗礼を浴びた。

 トレーニングマッチには、けが人を除く計27選手が出場。試合の多くの時間を技術力の高い川崎にボールをキープされ、1本目は小刻みにパスをつながれて失点を重ねた。

 唯一の得点は2本目。相手守備陣の背後に駆け上がったDF新井博人選手(23)のクロスを、走り込んだMF加藤弘堅選手(30...    
<記事全文を読む>