サッカー明治安田J2のザスパクサツ群馬は5日、前橋市内でサポーターズカンファレンスを開催した。ザスパの奈良知彦社長が今季の目標や財政状況を説明し、2026年シーズンからJ1参入プレーオフ進出を目指すとしたクラブビジョンを示した。

 カンファレンスはサポーター(ファン)とのビジョン共有を目的に毎年開いており、120人が集まった。ザスパからは奈良社長のほか松本大樹強化本部長、高田和宏事業本部長、岡田義男管理部長が登壇した。

 奈良社長は今季のチーム目標を、J2が現行22チーム体制となった12年以降で過去最高順位・勝ち点となる「16位以内、勝ち点5...    
<記事全文を読む>