北海道コンサドーレ札幌のMF中野嘉大(26)が沖縄キャンプで初めて全体練習に完全合流した。タイキャンプ中の1月22日に左太もも前部の肉離れで別メニューが続いていた。移籍1年目の昨季は主に右WBでリーグ戦19試合に出場したが、今季は前線の一角で定位置獲得を目指す。

 札幌移籍2年目の中野がレギュラー定着を目指す。久しぶりの全体練習で汗を流した26歳は「一番得意。決定機にも絡めるし、そういうところを出していきたい」と、シャドーを主戦場に生き残りを懸ける決意を示した。仙台から移籍してきた昨季の先発出場はわずか4試合。「出たらやれるという気持ちはずっと持っていた」と、今季に懸ける思...    
<記事全文を読む>