20年連続21回目を迎えた仙台の延岡キャンプ。チームに対する地元の認知度も上がり、週末には多くの市民らが練習を見守る。その中に丸刈りの少年がいた。延岡市南方小3年の小田悠真君(9)。お目当ての一人が大好きなGKスウォビィクだ。
 地元チームでGKを務める小田君は仙台のファン。昨季途中で加入した元ポーランド代表のプレーを映像で見て魅了された。親しみを込め、名前の「ヤクブ」と呼ぶ。
 「ヤクブはシュートに飛びついてキャッチする姿がかっこいい」。1月30日の歓迎会で言葉を交わし、2日の練習後には顔を覚えていたスウォビィクからGKグローブをプレゼントされた。「家宝にします」...    
<記事全文を読む>