身体能力の高さを生かした推進力とボール奪取力にたけるボランチ。母国のブラジル1部シャペコエンセに所属していた昨季、松本山雅からオファーを受けると「昔から日本でプレーしたかった」と4カ国目となる海外移籍を即決した。
 時に自陣ゴール前まで戻って守備をするボランチは守備的MFと位置付けられるが、「自分の持ち味は攻撃的なところ」と強調する。カウンター攻撃の際はスピードを持って前線に駆け上がり、「ペナルティーエリアに飛び込んでいくプレーが好き」。攻撃面でも存在感を示そうと決意する。
 メキシコやイランのクラブに所属したことはあるが、日本でのプレー経験はない。練習では状況に応...    
<記事全文を読む>