ヴィッセル神戸のサッカー天皇杯全日本選手権初優勝を祝うセレモニー「We are NO.1!」が4日、神戸市中央区の神戸ハーバーランドスペースシアターで開かれた。サポーターら約700人が集まり、喜びを分かち合った。

 市民と共に地元クラブチームの快挙を祝福しようと、同市が主催した。

 主将のアンドレス・イニエスタなど3選手をはじめ、トルステン・フィンク監督ら計6人が顔を見せると、会場は大きな拍手と「優勝おめでとう」という言葉に包まれ、地元の少年少女サッカーチームから花束が贈られた。

 イニエスタ選手は天皇杯を持ちながら「神戸の皆さんと喜びを共にできてう...    
<記事全文を読む>