J1仙台は宮崎県延岡市での2次キャンプ第7日の4日、西階運動公園球技場で午前のみ約1時間、5日に非公開で行う練習試合に向けて最終調整した。
 シュート練習ではボレーやクロスをピンポイントで合わせることを意識。GKも含めて全員参加したミニゲームでは、小さいゴールを使ってタッチ数を制限するなどゲームの要素も加えた。選手からは、笑い声やゴールを決め喜ぶ声が響き、リラックスした様子でボールを追った。
 木山監督は「練習を積んだ攻守の部分を実戦の中で出していければいい。開幕が近づいてきたので、試合に出るメンバーも決めていきたい」と話した。
 練習試合は対戦相手、結果...    
<記事全文を読む>