札幌の沖縄キャンプは4日、沖縄県金武町陸上競技場で午前と午後の2部練習を行った。午前はパス回し、午後は攻撃パターンの確認や4対4の実戦形式で攻守の切り替えの意識付けを徹底した。FW鈴木が恥骨付近の痛みを訴え、午後の練習を途中で切り上げた。

■復帰のチャナ 調整急ぐ

 タイで1月16日の練習中に右膝を痛め、別メニューが続いていたチャナティップが、沖縄キャンプから全体練習に合流した。この日も特有の小刻みな足運びで元気良くピッチを駆けた。「集中力を高めてコンディションを上げていかないと」と、攻守の課題を見つめながら調整を急ぐ。

...    
<記事全文を読む>