Jリーグ浦和レッズの立花洋一代表らは3日、県庁とさいたま市役所を訪れ、大野元裕知事、清水勇人市長に地下鉄7号線(埼玉高速鉄道線)延伸と、埼玉スタジアム前駅設置を要望する2万3354人分の署名を手渡した。

 署名活動は、スタジアムへのアクセス改善を求め、昨シーズンの5月17日から、チーム主体で、ホームゲームなど来場者を対象に行われた。

 県庁で立花代表は「アクセスや利便性の向上、街の発展なども考え、スタジアム前駅が悲願。一刻も早い地下鉄7号線の延伸とスタジアム前駅を」と要望し、署名と要望書を大野知事に手渡した。

 大野知事は「しっかり受け止めさせていた...    
<記事全文を読む>