サッカー・J1サガン鳥栖は2日で17日間にわたる沖縄キャンプを終えた。今季掲げる攻撃的なサッカーを実現させるため、選手たちはみっちり走り込み、戦術の落とし込みに励んだ。金明輝(キン・ミョンヒ)監督が、キャンプの手応えを語った。

 ―キャンプの総括を。

 チームはいろんな部分で変化しようとしており、選手も前向きにトライしてくれている。攻撃の質は上がってきたし、攻めの形もたくさんつくれた。ただ、守備の部分では課題も見えた。カウンター攻撃を受けたときのケアなどだ。一歩ずつ進んでいるので、鳥栖に戻ってからもしっかり準備したい。

 ―新加入選手が多い。

...    
<記事全文を読む>