J1広島の荒木が、攻撃性を兼ね備えたDFへの進化を目指している。「広島は、DFラインから攻撃の組み立てが始まる。前線への縦パスやロングフィードの精度が高まれば、選択肢が増える」。1年目の昨季、定位置をつかんだ23歳は自らを高めるため、冷静に課題と向き合っている。

...    
<記事全文を読む>