サッカーJ2松本山雅FCは、鹿児島市で二次キャンプを実施している。三日には同市の鹿児島ふれあいスポーツランドで、J1清水エスパルスと四十五分の練習試合を四本行った。これまで大学生と練習試合を三回したが、Jリーグクラブとは今季初めての対戦。布啓一郎監督は「五~六割くらいチームが仕上がってきたと思う。ここで出た課題や収穫をまた生かしていく」と意気込んだ。

 山雅は後ろから4-2-3-1気味の布陣で挑んだ。一本目は高い位置からの相手のプレスや、陣形が異なることによるミスマッチから押し込まれたが、選手同士がピッチ上で声を掛け合い、守備の動きなどを修正。主力を並べたと見られる相手に対...    
<記事全文を読む>