サッカーJ2松本山雅は2次キャンプ第6日の2日、鹿児島市で午前の約1時間半、今季の始動以来初めてセットプレーの練習に取り組んだ。3日のJ1清水との練習試合を前に、守備に重点を置いて立ち位置やマークの方法などを確認した。
 CKの守備では、近いサイドでエリアを守る「ストーン」を2人置き、残りはマンツーマンでマークする昨季までと同様のやり方を採用。布監督は「守備が堅いチームだったので、去年のコンセプトは踏襲したい」と話した。攻撃側のキッカーは右足がセルジーニョと新加入の山田、左足は高橋と山本龍が務めた。
 Jリーグクラブとの練習試合は今季初めて。昨季は同じJ1で戦った清...    
<記事全文を読む>