J1仙台は宮崎県延岡市での2次キャンプ第3日の31日、同市西階陸上競技場などで午前、午後の計約3時間練習した。午前はミニゲームでゴール前での攻守の精度を高め、午後もDF蜂須賀らが実戦形式の練習で確認した。前日に一部練習に合流したMFクエンカはリバウンドを警戒し、新たに左脚の違和感を訴えたMF関口と共に別メニューで調整。DFパラも午後の練習に参加しなかった。
 ゴールを「決め切る」「許さない」。試合の行方を左右する攻守の重要な局面を意識づけるため、工夫を凝らした。4対4のミニゲームで常に攻撃側に回るフリーの選手を置き、攻撃で数的有利、守備で不利になる場面を設定。攻撃側は相手を崩...    
<記事全文を読む>