来日4年目のパットンがブルペンで投球後、タブレット端末をのぞき込む。傍らにはコーチ研修で帯同していた米大リーグ、ダイヤモンドバックス傘下のコーチの姿があった。

 今キャンプでは「種類は球界一」(チーム関係者)という最先端機器が導入された。右腕が使っていたのは「ラプソード」と呼ばれるデータ解析機器だ。

...    
<記事全文を読む>