東北楽天は27日、仙台市の楽天生命パーク宮城室内練習場で練習を再開した。沖縄県内での春季キャンプ、対外試合を終えて本拠地に戻ってきた選手は、リラックスした表情でメニューをこなした。打撃練習では浅村、内田らが力強いスイングを見せていた。
 この日から右手親指骨折の岡島のほか、田中、和田、藤平が2軍での調整となり、代わって山下、下水流が1軍に合流した。
 練習前には、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大に伴い、26日の12球団代表者会議で決まったオープン戦の無観客試合について、球団が首脳陣、選手に説明。改めて手洗いやうがい、消毒などの感染予防の徹底を...    
<記事全文を読む>