昨年10月の右肘手術から完全復活を目指す日本ハム・清宮幸太郎内野手(20)が、3月中旬に守備でも実戦復帰する見通しであることが26日、分かった。3月20日の開幕戦(対西武、メットライフドーム)に間に合うか微妙な状況だが、プロ3年目で初の開幕1軍入りを諦めない。

■右肘の経過良好

 右肘手術からおよそ4カ月。プロ3年目で初めての開幕1軍入りに向けて、希望の光が見えてきた。清宮は前日25日に横浜市内の病院で右肘の検査を受け、経過良好と診断を受けた。患部の状態次第では、きょう27日の練習から全体の守備練習に加わる可能性もある。

 すでに打撃限定で実戦に出場...    
<記事全文を読む>