横浜DeNAのラミレス監督は今キャンプのMVPに野手はオースティンと大和、投手は3年目斎藤を挙げた。

 新外国人オースティンはオープン戦で3本塁打を放つなど打線をけん引。指揮官も「大活躍してくれた」とたたえた。大和は自慢の守備に加え、22日の楽天戦で本塁打を含む3本の長打を放つなど好調な打撃が評価された。

 1軍キャンプに初めて帯同した斎藤は救援投手としてオープン戦2試合に登板して無失点。抜群の安定感を誇り、勝ちパターンでの起用も現実味を帯びている。

...    
<記事全文を読む>