ドラフト5位の田部が実戦初本塁打を放った。七回無死一、二塁。「バントのサインが出なかったので思い切りいった」と松葉の初球のストレートを引っ張った。左翼スタンドに運ぶ逆転3ランとし、「木製のバットで打ったことがないようないい感触だった」と笑顔だった。

 同1位の森がこの日、右足甲の違和感で試合に帯同せず練習も回避。ポジションの重なる同学年のライバル対し「意識していないことはない」と明かす背番号55が首脳陣に打力をアピールした。

...    
<記事全文を読む>