広島の薮田が剛腕復活を懸けて試行錯誤している。1軍キャンプ序盤で148キロを計測したが、まだ手応えは薄い。「思うようにファウルを奪えていない」。変化球には一定の手応えがあるだけに、一番の武器を磨いていく。

...    
<記事全文を読む>