◆練習試合 西武-斗山(25日、サンマリンスタジアム宮崎)

 西武の松坂大輔投手(39)が韓国プロ野球チームの斗山を相手に今春めて実戦で登板した。先発で1回を3安打2失点。1死から3番の左打者に140キロ直球を右翼席上段へ運ばれた。

 松坂の実戦登板は中日に在籍した昨年8月14日の2軍戦以来。西武のユニホームを着て対外試合で投げるのは14年ぶりだった。

 登板後の一問一答は以下の通り。

-今日のテーマは

 ゲームの入り方ですね。

-振り返って

 全体的に変化球が高かったし、力の入れどころ、もう少し力を入...    
<記事全文を読む>