<オープン戦:横浜DeNA9-5楽天> 先発の左腕桜井は四回途中3失点。与四死球8と制球に苦しみ、開幕ローテーション争いから一歩後退した。

 「ストライク先行を」と意気込んだが、初回の先頭打者に二塁打を許した後に暴投で先制点を献上。三回には3四死球を与えて2点を奪われ、四回も3者連続四球と荒れた。

 87球を要した投球内容を「ブルペンで自分の状態の良しあしを整理できないままマウンドに上がってしまった。先発なら修正しないと。力不足」と悔やんだ。

 ラミレス監督は、今後の先発起用について「考えなければいけない。先発でも救援で...    
<記事全文を読む>