広島東洋カープが今季マツダスタジアム(広島市南区)で主催する公式戦入場券の販売に先立つ抽選券の配布が23日朝、同スタジアムで始まった。球団は当初、配布開始を午前9時としていたが、約千人が正面ゲート付近に並んだため同7時半前に前倒しした。配布は午後4時まで。

 球団は定期的にホームページ(HP)で混雑状況を案内しており、午前10時半現在、「順調に流れている」としている。

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、マスク姿の来場者が目立った。感染予防のため職員やスタッフはマスクや手袋を着用。球場内に消毒液を置いて利用を呼び掛けた。

 昨年は5万人以上が殺到...    
<記事全文を読む>