プロ野球の千葉ロッテマリーンズ1軍が21日、福岡から空路高知入りした。22、23の両日、既に高知入りしている西武A班と春野球場でプレシーズンマッチを行う。

 ロッテ1軍は13日に沖縄県石垣市でのキャンプを打ち上げ、沖縄本島での練習試合を行った後、1軍選手やスタッフら約60人が高知入りした。高知龍馬空港での歓迎セレモニーでは、就任3年目の井口資仁監督と、中村奨吾内野手に花束が手渡された。

 何といっても注目は、最速163キロを誇るドラフト1位ルーキーの佐々木朗希投手。約50人のファンらが待ち構える中、佐々木投手が姿を見せると、一段と大きな拍手と歓声が飛んだ。佐々木...    
<記事全文を読む>