横浜DeNAは20日、東克樹投手(24)が横浜市内の病院で、左肘内側側副靭帯(じんたい)再建手術を受けたと発表した。復帰は来季以降となる見通し。

 11勝で新人王に輝いた2018年オフに左肘の違和感を訴え、昨季は4勝にとどまった。今季は沖縄県嘉手納町での2軍キャンプに参加、初日の1日にブルペンで投球練習をした後に再発していた。

...    
<記事全文を読む>