西武の新主将に就任した源田壮亮内野手(27)が、リーグ3連覇と東京五輪金メダルへの思いを語った。甲子園出場経験もなく、プロからの注目度も「おまけ」程度だったという遊撃手が、昨年のプレミア12では侍ジャパンの一員として世界一に貢献。野球を始めたきっかけや自らの守備力を高めることにつながったアマチュア時代の失敗なども振り返った。(聞き手・構成=小畑大悟)

 -秋山(レッズ)から引き継いだ「C」マークをつけてのキャンプだった。

 そんなに意識はしていないけど(周りからの)見られ方は多少変わるのかなと思っていた。ちゃんとしようと。

 -辻監督も「主...    
<記事全文を読む>