◆西武春季キャンプ(19日、宮崎・南郷)

 14年ぶりに古巣復帰した西武の松坂大輔投手(39)がキャンプ最終日に打撃投手として登板した。源田、外崎、愛斗、川越に対し計55球を投げ、安打性は2本のみ。充実のキャンプを打ち上げ、総括した。

 -今キャンプ初の打撃投手として登板した。

 「そうですね、少し力が入ったなという感じですかね」

 -今キャンプ最多の球数。

 「このクールもよく投げられたと思いますし、たくさん投げられていい感じで疲れも出たので良かったと思います」

 -源田や外崎と対戦。

 「純粋に楽しか...    
<記事全文を読む>