◆西武春季キャンプ(18日、宮崎・南郷)

 西武の開幕投手最有力、ザック・ニール投手(31)が18日、本番モードで今キャンプ初の打撃投手を務めた。20球を投げると、想定したイニング間のブレークを挟んだ後23球。計43球で安打性の当たりは2本に抑えた。「自分が想像していたよりいい球が投げられた」と収穫十分の笑みを浮かべた。

 キャンプ中盤に軽い腰の張りを訴え、ようやく打者相手の投球に臨んだ。「今日は2イニングをシミュレーションしながら投げた」。打撃投手とはいえ、試合さながらにイニング間を設定。「ボールも動いていたし、とても良かった」と表情が明るい。

 ...    
<記事全文を読む>