日本ハムは18日、沖縄県名護市内で今季2回目のスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議に向け、1位指名候補12人など270人をリストアップした。

 現段階では大学生が多いといい、大渕隆スカウト部長は「(昨年の佐々木朗希のような)ずばぬけた選手はいない。高校生がぐっと上がってくることを期待したい」と話した。

...    
<記事全文を読む>