沖縄とは思えない冷たい風が吹き付けた国頭で、吉田輝が熱投した。2軍キャンプの第4クールがスタートした18日、午前にブルペン入りすると、今キャンプ自身最多の93球を投げ込んだ。「最後の方はコントロールがつかなくなった。80球くらいまでは何とかなったんですけど、そこからは全然力が入らなかった」と苦笑いを浮かべつつも、充実感を漂わせた。

 15日の紅白戦で西川から三振を奪ったフォークを、この日も徹底的に練習。「スプリットみたいに、ストレートの軌道で鋭く落ちるようにしていきたい」。あす20日にはタピックスタジアム名護(名護市営球場)で行われるDeNAとの2軍...    
<記事全文を読む>